なぜ日本人は英語がなかなか上達しないのか

多くの日本人は中学、高校と最低でも6年間は英語を習います。しかし実際コミュニケーションがとれるようになっているかといえば、ほとんどの人が片言くらいしか身に付いていません。それには英語の発音が難関の一つと言えると思います。実際にネイティヴの人たちが話す時、単語と単語をつなげて発音することが多く、これを知らないと簡単な単語でも違う別の単語と勘違いしてしまい、全く聞き取れずに内容が理解出来ないということになってしまいます。この単語と単語の音をつなげて発音することをリンキングといい、このことを多くの日本人は知らないため、英語は苦手と諦めてしまう原因にもなっています。

また英語には独特のリズム感があり、たとえ一つ一つの単語を正しく発音されていたとしても、リズム感のない話し方では、相手に全く通じないということが起こってきます。ネイティヴのようにカッコいい発音で英語が話せたらと憧れますよね。今日からリンキングのトレーニングを取り入れバイリンガルを目指しましょう。