世界共通言語の英語を上手に操るには英会話が重要だ

世界には多くの国があります。文化も普段話す母国語も異なります。しかし交通網や情報網の発達で異国に行き来する事も遠く離れた人とコミュニケーションを取る事も可能となりました。自分の人生を充実させる為にも仕事で活躍する為にも共通言語としての英語の存在は重要になりました。

速やかなコミュニケーションには会話が不可欠です。学校教育において以前は読み書きを重視する傾向がありました。この為難しい文章が読めてもいざ対面でコミュニケーションを取ろうとすると上手くいかない事が頻繁にありました。もちろん読み書きはとても大切です。しかし相手の言う事を理解したり伝えたい事を伝えられないのでは問題です。

この結果学校教育でも英会話に重点を置くようになりました。リスニングやスピーキングの機会を設け会話に慣れ親しむようにしています。幼稚園児や小学生でも英語に触れる子供が多くなりました。

ラジオやテレビの講座もレベルに合わせて楽しく英会話が学べるような作りになっています。若者だけでなく全ての年代で英語が勉強し易くなりました。学習費用も安く済みますし自分の都合に合わせて学習が可能です。録音や録画をしたりインターネット放送を利用してたくさんの人が学んでいます。上手く活用する事で英会話力が身に付きます。

学校教育や語学番組などの変化もあり外国人との会話に物怖じしない人が多くなった印象があります。世界どこでも行き来出来る世の中になった事も影響しているのかもしれません。片言で流暢でなくても話そうと努力する傾向を感じます。 会話しようという姿勢はとても重要です。焦って話す機会を逸したり流暢でないと後ろ向きになっては何も始まりません。話そうとしていく事で話せるようになるのは母国語も外国語も同じです。

これからも世界の人と関わらずに生きる事は出来ないでしょう。積極的に意思疎通をはかり前に進むには英語で会話する事は欠かせません。今後ももっと多くの人が英会話に挑戦していくのは良い事です。